星よみ

【双子座下弦の月】二極化ではなくすべては1つ

こんにちは。

今日は双子座下弦の月のお話です。

 

 

双子座下弦の月

 

 

2020年9月10日18:26

太陽・乙女座18.12度、月・双子座18.12度

太陽と月が90度スクエアで下弦の月です。

 

9月2日魚座満月から、9月17日乙女座新月にむかって

欠けていく月。

その途中にある半月の下弦の月。

 

前回魚座満月では、

社会を表すMCにジュノーがピタリと重なっていました。

 

最大級の大きさで九州に接近すると言われた台風10号。

MC(社会)に災害の意味もあるジュノーがピタリと重なっていたものですから

どれだけの被害があるのだろうと、不安に思っていました。

 

早くからの注意喚起で、台風に対する備えや避難も徹底され、

予想よりも台風が大きく発達しなかった事で、

最悪の事態を免れたように思います。

 

でも今なおこの酷暑の中、停電が続いたり、

安否がわからない方もいるので、

よかったとは言えません。

 

最大級の台風ではなかったのでは?

と受け取るのではなく

そういう危険性は十分あったし、

今後発生する台風に対しても

同様の備えをしなければいけないという警告かもしれません。

 

9月10日双子座下弦の月

9月17日乙女座新月

この2つでは海王星が関係するTスクエアがあるので

海王星=水に関係することで注意が必要です。

 

太陽・月・海王星のTスクエア

ということで、双子座下弦の月のホロスコープにある

太陽・月・海王星のTスクエアを見ていきます。

 

 

下弦の月は太陽と月が90度スクエアになります。

それに加え、月と海王星が90度スクエア、

太陽と海王星が180度オポジションでTスクエアです。

(ピンクの三角)

 

太陽は6ハウスにいて、6ハウスに関係しています。

太陽は人生や行動、社会です。

6ハウスは、義務や奉仕、ストレスや病気を意味します。

 

単純に言えば、ストレスを感じている社会です。

 

海王星は12ハウスにいて、12ハウスに関係しています。

海王星と12ハウスは同じような意味を持ちますし、

 

海王星が入っているサインは魚座で、

魚座の支配星は海王星です。

 

ということは、この海王星は

実に海王星らしい意味を強調する海王星です。

 

12ハウスは曖昧さや見えないものを表す場所です。

(海王星も)

 

見えないもの、曖昧なことは悩みを生みますので

悩んでいる状況を表したりします。

 

また12ハウスも海王星も、

見えないもの=潜在意識を表したり、

感性や芸術性を表します。

 

また海王星は、海や川、洪水など水に関係します。

他にはアルコールや薬物や中毒なんて意味も。

 

1つの天体にはいろんな意味があって

そのどの意味を指しているのかは、

実際のところ断定するのは難しいものです。

 

関係しているハウスの意味も合わせてみますが、

 

実際に起きている現実の状況から推測して、

いろんな意味の中の今はどれを指しているのかを推測していくわけです。

 

この双子座下弦の月で出ている、

太陽と海王星の180度はどういう意味を指しているのだろう。

 

太陽と海王星の180度は次の乙女座新月でも出来ています。

今回の双子座下弦の月の方がタイトですが。

 

太陽と海王星の180度に対して、

月が90度スクエアなわけです。

 

180度は緊張や対立の意味があり、

90度は困難です。

困難からなんとかしようしている葛藤や行動力をも意味しています。

 

月は3ハウスにいて、

4ハウスと5ハウスに関係しています。

 

月は心や感情などの内面、家族、

太陽の社会や国に対し、月は大衆を意味します。

 

3ハウスは移動や人の往来、コミュニケーション、

4ハウスは家族、居場所、拠り所

5ハウスは娯楽や楽しみ、自分らしさです。

 

月が入っているサインの双子座は3ハウスと同じような意味です。

アチコチ興味がわいて、フットワーク軽く吸収したい双子座の月。

5ハウスも関係しているから、楽しみたいという気持ちもあります。

 

ああ、そういえば、

太陽が入っているサインの乙女座も6ハウスと同じような意味です。

 

このTスクエアはそれぞれのサイン(星座)が

それに対応するハウスに入っていることになります。

 

6ハウスの乙女座の太陽。

3ハウスの双子座の月。

12ハウスの魚座の海王星。

 

モヤモヤと悩んでハッキリしない海王星と、

自分に厳しく、自分を律し、そしてストレスを抱えてしまっている太陽。

 

病んでしまった太陽は、うまく行動が起こせず、

下手したらその悩みを表に出さず、引きこもってしまいます。

 

それを動きの軽い双子座の月が、

アチコチ興味のわくものに心を向けて

 

この負のエネルギーを脱しようと奮闘しているというわけです。

 

動けない社会。

悩んでいる社会。

見えてこない社会。

どう行動していいかわからない。

 

そんな意味にもとれる太陽と海王星。

 

それに対し、アチコチ行きたい気持ち。

楽しみたい。

自分らしくありたい。

家族や身近な人を思っている。

 

そんな月。

 

動けなくしているのが海王星ならば、

 

その海王星は、悩みを意味しているのか

曖昧な事柄を意味しているのか、

ハッキリしない事柄を意味しているのか、

 

はたまた、水に関係することで起こる出来事を意味しているのか。

 

木星の役割.高い意識をもつ

 

 

双子座下弦の月では、木星が調停の位置にいます。

(黄緑色の丸)

 

太陽と海王星の180度の緊張に対して、

太陽と120度、海王星と60度でその緊張を

木星が緩和しています。

(黄緑色の線)

 

この木星は、10ハウスにいて

9ハウスと12ハウスに関係しています。

 

木星のサインも山羊座で10ハウスと同じ意味を持っています。

 

木星は豊かさや成功を意味する天体ですが、

今年はずっと木星の近くに冥王星がいるので、

単純に社会(山羊座)の幸運を意味しているとは言えません。

 

山羊座にいる冥王星が、

社会を徹底的に破壊しているのを、

木星が拡大しているという意味にとった方が腑に落ちます。

(木星は良いも悪いも拡大させる天体なので)

 

その木星が(冥王星も)

社会を意味する太陽に対して120度トライン、

希望を表す位置にいます。

 

モヤモヤと悩んでいる社会ですが、

社会において(10ハウス)成功のチャンスが今あるという意味にもとれます。

 

関係しているハウスの意味も考えると、

9ハウスは高みを目指していく場所なので、

今よりももっと向上させていくこと、

知識を深めることに力を注ぐことはよい結果に繋がりそうです。

 

また12ハウスは感性や潜在意識を意味しますので、

アレコレ頭で思考するよりも、

なんとなく心に浮かんだことや、

目についた言葉や耳に入ってきた言葉などに

ヒントが隠されているのかもしれません。

 

そんな木星と、月は150度クインカンクス、

不調和な関係なんですね・・

(紫の線)

 

太陽にとってはよい角度でも、

月にとっては、うまく釣り合いのとれない難しい角度。

 

アチコチと飛び回り楽しみたい双子座の月は

社会に対しては、うまく折り合いがつかないようです。

 

やはり今は、すんなりと成功や幸せが簡単に手に入る時期とは言い難く、

心の内は、破壊をうけている社会に対しての葛藤がありそうです。

 

でも太陽と木星が120度であることも事実なので、

希望は希望でうまく活用するといいです。

 

向上しようとすること。

もっと高い意識をもつこと。

(自分だけの楽しみというレベルではなく)

 

潜在意識の声に耳を傾けること。

 

自分の身近だけではなく.広い心で

 

 

この形、よく見ると、

Tスクエアと調停の三角を合わせると

台形のような四角形に見えます。

 

台形は不安定さを意味します。

むしろ安定を望んでいない、

自分自身を変えざるを得ないような状況を意味します。

 

前回の魚座満月に続き、

火星・ジュノー・土星と冥王星のTスクエアは

今回も出来ています。

 

まだ争いや暴力的な事柄が起きそうな危険ははらんでいます。

 

でも一方で火星はMC(社会)に対し120度トラインです。

 

火星は1ハウスにいるので自分自身の精神性を高め、

自分自身の肉体を強化することはよい事です。

 

今年いっぱいはどうしたって、不安定ですぐにはうまくいかない世の中です。

 

その世の中に対して怒るのでも、不安だけを募らせるのでもなく、

その中で必要ならば、自分を変えてやるくらいの気持ちを持ちましょう。

 

自分の楽しみだけではなく、

もっと高い意識で。

 

最近ふと思うのは、

二極化、二極化と言うけれど、

 

上に行く人と

底辺を彷徨っている人

という世の中ではなく、

 

結局は上も下もなく、

すべては繋がって1つであるということ。

 

だから、私だけ、

私のコミュニティだけ、ではなく

 

すべてが平和で幸せな世の中になればいいな、と思います。

 

それぞれの立ち位置で、

それぞれの今のレベルで、

今できることからよりよい世界になるように、

 

幸せは、

自分だけや、自分のまわりだけの幸せではなく、

 

もっと広い目線でみれたらいいな、と思います。

 

そう。

木星はこの双子座下弦の月では高い位置にいて

月は低いところにいます。

 

自分の身近にしか心が向けられていない月ではなく、

 

もっと広い視野を持つ木星の意識で。

 

広い心を持ちましょう。

 

双子座下弦の月の星読みでした!

 

読んでいただきありがとうございました。

 

-星よみ
-, , , ,

© 2020 星のいま