星よみ

【牡羊座新月】この状況にも希望はある.はっきり見る.子供の目で見る

こんにちは。

またまたタイムリーにアップできませんでしたが、

2020年3月24日18:28にむかえた牡羊座新月について書きたいと思います。

今日は皆さんになじみのある星座の話とかもあるので、

いつもより難解度は低い・・はず・・です。笑

 

牡羊座新月の星よみ

月は満ち欠けを繰り返し、新月-上弦の月-満月-下弦の月と繰り返しています。

新月は、地球から見て月と太陽が同じ方向となる日のことです。

ホロスコープ上では同じ場所、同じ度数で太陽と月が重なります。(コンジャンクション)

 

3月24日は太陽が牡羊座にあるので、月も牡羊座にあり、

この日の新月は牡羊座新月と呼ばれます。

 

新月の願い事、というのは今や知っている人も多くいると思いますが、

月がここからまた満ち始めていくので、新月は始まりを象徴していると言われます。

その為、何かを始める、何かをスタートさせるための目標を立てるのに適しているということから新月の願い事を書く人が多くなりました。

 

3/24は牡羊座の新月なので、まず牡羊座という星座について簡単にお話したいと思います。

 

星座の分類-三区分【牡羊座】

星座は牡羊座から魚座まで12星座ありますが、

その12の星座を分類する方法があって、ここでは3つに分ける3区分についてお話します。

 

三区分は、その星座の【行動パターン】を表しています。

【活動】【不動】【柔軟】の3つに分類され、これは季節に対応しています。

活動は季節の始まり、不動は季節の盛り、柔軟は季節の変化期です。

12星座の三区分は次の通りです。

【活動】牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座・・積極性、活動性

 

【不動】牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座・・持続的、継続力

 

【柔軟】双子座・乙女座・射手座・魚座・・適応性、柔軟性

 

牡羊座は三区分でいうと【活動】にあたり、行動パターンは積極的で活動性があるということになります。

また12星座のトップバッターであるので、まさしく始まり、スタートの星座です。

人の成長に例えると、牡羊座は生まれたばかりの赤ちゃんです。

本能のままで、とてもエネルギーにあふれた状態です。

牡羊座の性質については、次の四区分と一緒にまとめてお話します。

 

星座の分類-四区分【牡羊座】

星座を分類方法に、4つに分類する四区分というものがあります。

四区分は、その星座の【価値観】を表しています。

先ほどの三区分とあわせて、その星座が何に価値を見出して、どういう行動パターンに出るかを考えると

その星座の示す性質がわかりやすくなります。

 

四区分は、【火】【地】【風】【水】の4つに分類され、12星座の分類は次の通りです。

 

【火】牡羊座・獅子座・射手座・・情熱、高揚感、ロマン、やる気

 

【地】牡牛座・乙女座・山羊座・・現実感、確実性、実際性、安定感

 

【風】双子座・天秤座・水瓶座・・情報、知性、数値化、客観性、言葉

 

【水】蟹座・蠍座・魚座・・感情、愛情、ムード、共感

 

牡羊座は四区分では【火】です。

情熱、高揚感、ロマン、やる気に価値を見出すということです。

 

牡羊座-突っ走る情熱

先ほどの三区分と合わせて牡羊座の性質をみると、

生まれ出たばかりのエネルギーの塊である牡羊座は、

火の情熱とやる気と高揚感を持って、積極的に活動する星座です。

 

突っ走るぐらいにスピード感があります。

短期決戦です。

衝動的です。

時にそれは自分本位にもなり、短気で攻撃的だったりもします。

人の先頭に立つ、とも言われますが、

それはリーダーになりたい、と思って先頭に立つのではなく、

情熱に従ってカーーーっと突っ走っているうちに、結果として人の先頭に立っているという感じです。

 

情熱が燃えたぎっている内に早くやっちゃいたい、

その日のうちにやっちゃいたい、後に残すことができない。

物事を立ち上げることは得意だけれど、それを安定させることは苦手です。

 

壁を打ち破るエネルギーがあります。

まわりからバカだと言われても突っ込める情熱があります。

 

まわりにそんな人はいないでしょうか?笑

誰か知っている人に例えると星座の性質をつかみやすくなります。

 

牡羊座新月のホロスコープ

そんな牡羊座の性質を踏まえた上で、

3/24の牡羊座新月のホロスコープをみてみたいと思います。

牡羊座の4.20度で月と太陽が重なり新月となりました。

牡羊座の性質からみると、スカッと熱くスタートをきる清々しさを想像しますが

ホロスコープは何を示しているのでしょうか。

 

私は真面目なので、笑

真面目に一つ一つ読んでいくと、

まぁ、こんな世界情勢でもありますし、そんなに簡単に楽観的なホロスコープには見えません。

ということで、真面目に読んでいきます。笑

 

月・太陽とヘッドとテイルのTスクエア

ヘッドとテイルというのは、

ドラゴンヘッド、ドラゴンテイルといって実体のある天体ではなく、

太陽の通り道である黄道と、月の通り道である白道が重なる計算上のポイントのことで

このポイントのことを「感受点」といいます。

ドラゴンヘッドとドラゴンテイルは天体ではなく、天文学的な計算上のポイントである感受点ということです。

 

ヘッドとテイル(長いので略します)は常に真反対にあるので(オポジション)

180度は葛藤の位置ですが、ヘッドとテイルについては常に葛藤の、真反対の状態です。

(特別じゃないです。いつもです、ということ。)

 

そしてヘッドとテイルと新月である月と太陽でTスクエアを形成しているのですが

Tスクエアというのは困難を表す複合アスペクトです。

(アスペクトの説明は後日ブログにします。★→リンク追加します)

 

でもヘッドとテイルが常に180度であると考えれば、

このTスクエアの困難はそれほど重要視しなくてもいいのかもしれませんが、

 

でも、月・太陽とヘッド、月・太陽とテイルが90度の角度をとっていることは

まぎれもない困難を表すことになります。

 

90度の角度のことをスクエアと言って、

このスクエアも困難を示すアスペクトです。

ただ問題のある状況を乗り越えるための行動をせざるを得ない状況を表し、

困難を乗り越えた上での達成とか、困難を乗り越える為の挑戦、という意味もあります。

 

ただ単にスクエアがあるから困難で困っちゃう!ってわけではないのです。

逆に、ちょっと話がそれますが、

生まれた時のホロスコープ(ネイタルチャート)に、90度スクエアがないと、

あまり努力ができない人になってしまう可能性があります。

適度なストレスは大事ってことです。

 

話を戻して、

乗り越えるべき挑戦をしていく困難はどんなところに示されているのでしょうか。

 

新月である月と太陽は6ハウスにいます。

1つ前のブログに書いた水瓶座入りした土星も6ハウスでした。

こちら→【3/22土星水瓶座入り】今起きている問題.2020年は重要な年

 

今、6ハウス的なことに対する困難、そしてそれは乗り越えるべき困難だと強調しているように思えます。

6ハウスは奉仕、雇用される仕事、職場、労働、

自己調整、対人スキル、ストレス、健康、病気、医療などを表します。

 

太陽は生き方や人生観、社会的なこと、国で言えば首相を表します。

月は日常生活、家族、内面、感情、私的なこと、国で言えば一般大衆を表します。

 

テイルはこれから向かう方向性、

ヘッドは過去の問題、事故、災害など。

 

それぞれの関連するハウス関係の意味合いには、政治関係、国のお金、教育や物流といったものもあります。

(1つ1つ細かく説明すると、複雑で難解度が増すので、ちょっと省略します)

 

つまりまとめると、

国や政治も、国の財源も、そして我々一般市民も、

社会的なことも、日常的な私的なことも、

 

雇用関係、労働する職場、教育関係、物流関係、

健康や医療関係、病気、ストレス、

それらにおいて、困難に直面しており、それを乗り越えねばならない状況にあるということです。

 

まぁ、まんま今の状況ですよね。

星に言われなくても知っているよ!と言ってしまえばそれまでですが、

そういう風にタイムリーに星がそれを示しているってスゴクないですか?

星はどんな時にも、事実を映し出しているのです。

 

宇宙の天体の動きと、地上の動きには関連がある。

それが、古代人が占星術を研究した始まりなんですから。

 

月・太陽と天王星と水星の変形ヨッド

もう1つ、新月である月と太陽が絡む複合アスペクトがあります。

ヨッド、ヨードとも言いますが、これは150度、150度、60度でできる二等辺三角形のことをいいます。

(天体の位置関係が二等辺三角形に見えるということ。)

二等辺三角形の角度が、これ以外に、30度30度60度でできているものも変形ヨッドと言って

ヨッドと同じ意味合いがあります。

(もう1つ別の角度の二等辺三角形もありますが、長くなるのでアスペクトのブログで説明します。

ちなみに私自身はこのもう1つの二等辺三角形のヨッドを2つもネイタルチャートで持っています。)

 

ヨッドの意味合いは、【宿命的な困難】です。

生まれてから死ぬまでの間で、一度あるかないかの困難を示すそうです。

 

今のこの時は、国や政府(太陽)も、我々一般市民(月)も、一生に一度あるかないかの困難に直面しているということです。

ヨッドを構成する天体は月・太陽の他に、天王星と水星があります。

 

天王星は、突然の変化や改革を表し、

関連するハウスの意味には、外国や外交、契約や取引関係、スポーツや芸能、娯楽、起業などの意味があります。

 

水星は、通信、商業、学生、若者、交通機関、

関連するハウスの意味は、法律、外国、海外旅行、病院、スポーツ、芸能、娯楽、起業です。

 

月と太陽が在住している6ハウスの意味はここでも関係します。(雇用、労働、病気、健康など)

 

一生に一度あるかないかの宿命的な困難。

並べたワードを見ると、すべてコロナウイルスに関連していますよね。

コロナウイルスは外国からきたものだし、海外旅行者からの感染が拡大したり、

仕事や商業、起業している個人事業主も、みんな経営困難の危機に直面している、

芸能や娯楽施設も打撃を受けている。

若者や交通機関で人が行き来することで感染は拡大するし、

スポーツなんてのも、オリンピック開催が1年延期というまさにこれまでに経験したことのない事態に直面してます。

 

恐るべきヨッド。

恐るべき占星術。

 

でも恐れていたり、そうなんだーと傍観しているだけではいけません。

星は、そこから解決策を見つけたり、困難な中にも希望を見つけなくては意味がありません。

 

天王星、水星、ヘッドの小三角形。

ヨッドを形成している天王星と水星が、

月・太陽と90度スクエアだったドラゴンヘッドとこれまた三角形を作ってます。

この三角形は60度60度120度の三角形で、幸せの小三角形と言われる複合アスペクトです。

幸せのと言われるのだから、これまでのアスペクトと違って希望のあるアスペクトです。

 

つまりこの小三角形が困難に対しての希望になるということです。

 

ヘッド(ドラゴンヘッド)は【これから向かう方向】です。

今、一生に一度あるかないかの宿命的な困難に直面しているけれども、

これから向かう方向に希望があるということです。

天王星と水星に希望があるということです。

 

天王星は、3/22に土星が水瓶座に入りましたが

その水瓶座の支配星です。

この先の要となる天体です。

 

天王星は突然の変化という意味があります。予測不能という意味もあります。

今現在の状況は予測不能な今まで経験したことのない、

突然身に起きた出来事ではあったけれども、

でもこの天王星の性質こそが、それに対抗するカギを握っているということなのかな、と。

 

天王星は土星より遠くにある星です。

土星を超えた天体。

土星のこれまで築き上げた世界を超えていきます。

超える為に革命を起こします。

でも、超えて新しい未来を作るのです。

 

天王星には「光」という意味もあります。

「はっきり見る」という意味があります。

はっきり見ることで、光をもたらします。

曖昧なものは疑惑や不安を生みます。

 

天王星は占星術という意味もありますが、

はっきり見ることでこの世界の謎を解く、と私が教わった先生は言っていました。

だから、私はオブラートに包んだキレイに装飾された言葉で占星術を語るよりも

はっきりと見たまんまを(でも不安を煽るのではなく)伝えようと思っています。

(でもこれは私の個性です。人それぞれのやり方、考え方でいいのです。)

 

水星と天王星の子供のような目.牡羊座の情熱.

天王星がはっきり見ることで光をもたらすといった意味で、天才や発明を意味するのに対し、

水星もまた、知性を意味する天体です。

どちらもその知性には「発想の転換」といったひらめきがあり、

そのひらめきをもたらすには、「子供のような、赤ん坊のような目で見る」ことが大事、

と教わりました。

「子供のような、赤ん坊のような、見たまんまの世界」を忘れず、

そこに立ち戻ることも大事。だと。

 

赤ちゃんや小さな子供から見たこの世界はどんな世界なんでしょう。

新月を迎えた牡羊座も生まれたばかりのエネルギーの塊の星座でした。

 

新月は始まりです。

赤ちゃんのような、小さな子供のような目で、

これからスタートを切る、燃えたぎる情熱でワクワクしている牡羊座のように、

今のこの世界にも、自分の中の希望をみつけることも必要なのかもしれません。

 

一人ひとりが、個人的にワクワクすることでいいんです。

牡羊座はまだ個人の領域だから。

 

今のこの状況の中にも、

自分のワクワクを見つけ出し、自分がやりたいこと、

自分がスタートダッシュを切れることを、何か目標を持ってみるといいかもしれません。

 

水星の知的な欲求、勉強したいという気持ちがあるならば、勉強してみるのもいいし、

水星は運動神経も表すので、筋肉を動かす運動をするのもいいです。

水星は職人的な技能や手仕事も意味しますし、伝達能力、会話や言葉、コミュニケーションも意味します。

 

天王星は占星術もそうだし、科学的なこと、未来志向、コンピューターも表します。

オリジナリティも天王星の分野なので、自分の独創性を見つけるのもいいんじゃないでしょうか。

個人個人のオリジナリティの確立はこの先に必要不可欠なことですし。

(土星水瓶座入りのブログで書きました。)

 

そんな当たりをヒントに、

このような困難な状況の世の中ではあるけれども、

だからこそ、個人個人の希望は失わず、情熱は失わず、

熱くスタートを切る!

わからなくなった時は、自分の子供時代のワクワクを思い返してみるのもいいかもしれませんね。

 

1日遅れになりましたが、

3/24牡羊座新月は、この困難な状況の中にも

この先の未来には希望があるよ、と教えてくれてます、って星よみでした!

 

やっぱり長くなりました。笑

読んでいただきありがとうございます~。

 

-星よみ
-, , ,

© 2020 星のいま