星よみ

【獅子座満月】自分を輝かせるものは何か

こんばんは

今日は獅子座満月のお話です。

 

 

獅子座満月

 

 

2021年1月29日4:16

太陽・水瓶座9.09度、月・獅子座9.09度で

獅子座満月です。

 

はっきりした赤い線が目立ちますね。

この満月は何を伝えているのでしょうか。

 

木星と重なる太陽

前回1/21の牡牛座上弦の月では、

水瓶座にいる土星に太陽が接近していって

ゆるく重なっていました。

 

その太陽が1/29獅子座満月の頃には

土星を通り過ぎて、

同じく水瓶座にいる木星と、かなりタイトに重なります。

 

 

(左下のピンクの丸)

 

太陽と木星のコンジャンクション(重なること)は

成功を表すアスペクトでもあります。

 

太陽は人生、木星は成功や豊かさを意味するので

成功する、豊かになる人生という意味にとれるからです。

 

ですが、この獅子座満月の時の太陽と木星の重なりは

その太陽のすぐ近くに土星がいます。

オーブ4度でコンジャンクションです。

 

土星は現実化という意味があるので、

時間をかけて努力してきたものに対して、

太陽と木星が重なる意味の通り、

成功して豊かになる、

 

という意味にもとれます。

 

しかもこの太陽・木星・土星の重なりは

お金や収入、自分が所有するもの(才能)を意味する2ハウスで起こるので

 

地道に時間をかけて努力してきたものに対して

結果が出る=報酬を得る、豊かになる、

自分の才能で成功する

という意味になります。

 

ここで大事なのは

「時間をかけて地道に努力をしてきたもの」に対して

ということです。

 

木星のラッキーが、棚ぼた的に起こるのではなく、

土星の意味する超現実的なところで起こるという事です。

 

つまり努力していない人には

成功はないし、豊かさも無縁ということ。

 

そして、

土星には現実化という意味の他に、

制限する、抑圧する、試練を与える、という意味があるので

 

太陽・木星の人生が豊かにになる、

社会で成功するという意味に対して、

制限がかかる、という意味にもなります。

 

つまり、成功する為に、豊かになる為に

ここで1つ試練を与えられ、

 

本当に成功するに値するのかどうか、

試されるような痛みが起こる可能性があるということです。

 

しかもこの[太陽・木星・土星]は

牡牛座で重なる[火星・天王星]と

獅子座で満月となる月とで

 

Tスクエアという困難を意味する形を形成しています。

 

金星と冥王星のコンジャンクション

前回の1/21牡牛座上弦の月でも

同じ天体達でTスクエアがありました。

 

前回はTスクエアにMCが絡んでいたので

Tスクエアが意味する困難は「社会」に対しての

困難であるという意味合いがありました。

 

今回の獅子座満月では

社会を意味する10ハウスには天体が入っていません。

 

太陽も社会を意味するので

まったく社会的な困難がないかというと

そういうわけではありませんが、

 

前回よりももっと個人個人に影響が深い困難なのではないかなぁ

と思います。

 

ちなみに、ちょっと脱線しますが

10ハウスに関係がある天体が

このホロスコープでは金星なんですが

(10ハウスの支配星が金星)

 

その金星は山羊座で冥王星とかなりタイトに重なっています。

 

 

(黄色の丸)

冥王星は破壊で、山羊座もまた社会を意味するサインですから

社会的な破壊は、

社会の喜びにも、楽しみにも、

それぞれ個人個人の幸せにも、

破壊を意味し、影響を与えるであろう、という

金星と冥王星のコンジャンクションです。

 

社会の破壊というのが、

今のこのコロナ感染拡大による社会の制限や

人々の楽しみや娯楽や豊かさがどんどん壊されていくこと、

経済的危機などを意味するのだと思いますが

 

(あるいはそれと並行して別の破壊=災害などが起きるのか)

 

その冥王星が、幸せや喜びを意味する金星と

ピッタリ重なっているというのは

 

ちょっと心配な配置です。

 

(あるいは冥王星には際限がない、徹底的に、という意味があり

金星は豊かさや幸せの意味があるので

これでもかという際限のない喜びを感じるという人もいるのかもしれません。

 

または、金星は女性を表し、

冥王星はストーカーなどの異常犯罪を意味しますので

何かそういう犯罪に巻き込まれる危険性がある人もいるのかもしれません。)

 

ただ金星は、これから向かう方向性を意味するドラゴンヘッドと

144度バイクインタイルという角度です。

(黄色の直線)

 

144度は、特別な才能・精神的な努力を意味する角度。

 

冥王星と金星の重なりで

徹底的な痛みや苦痛を感じる事があるかもしれませんが、

 

それにより、将来的にはその苦痛と破壊が

何かの才能の開花だったり、精神性の向上に繋がるだろう、

という角度です。

 

今は時代の過渡期ということで、

どうしても痛みを伴う出来事が多々あるのでしょうが

 

それもこれも、

この先の未来に必要な痛みであるだろう

ってことなのかもしれません。

 

獅子座満月のTスクエア

Tスクエアに話を戻しまして、

[太陽・木星・土星]と

[火星・天王星]と

[月]のTスクエア。

 

 

(ピンクの三角)

 

月は8ハウスにいて、8ハウスに関係しています。

月が入っているサインは獅子座ですが、

 

獅子座は華やかで遊び心があって、

自分らしさを謳歌する星座です。

 

ですが、8ハウスは

もっとディープで深く、重く、

獅子座の楽しさを重く沈めてしまいそうな印象を受けます。

 

月は心を意味しますので

楽しみたいけど、楽しめない、

そんな重苦しさをこのTスクエアでは感じます。

 

目先の楽しみよりも

もっと深く、人生を見つめた真の喜びを見出しなさい、

という事なのかもしれません。

 

2ハウスに集まる太陽・土星・木星

2ハウスはさっき言ったようにお金だったり

自分の所有するものだったり、

後は自己価値も意味します。

 

太陽は8ハウスにも関係しているので

太陽の意味する人生も行動も社会も

8ハウスの重さ、深さが影響してきます。

 

自分の収入や所有するもの

自分の価値、

そんな「自分」に

 

成功するに値するだけの努力がこれまであったのかと

今制限をかけられ、問いただされ、

試練を与えられているという状態です。

 

経済的に苦しい人も沢山いるでしょう。

 

自分に何ができるのか、

何をしたいのか、

自分にどんな価値があるのか

わからなくなっている人も多いでしょう。

 

今、そんな抑圧をかけられている人は

その足止めが、

これから先の人生の成功を左右するお試しなのかもしれません。

 

足を止めてでも今見直さなければいけない何かが

あるのだと思います。

 

その足止めに絶望せず、

今見直し、そこから建て直していけたら

 

太陽と木星が意味する豊かさが

現実的な地道な努力の先にあるはずです。

 

4ハウスでは火星と天王星が重なっています。

天王星は2ハウスにも関係しているので

 

やはりここでも経済的に何かひっくり返されるような出来事があるかもしれません。

自分の価値も、持っているものも見失うような事もあるかもしれない。

 

4ハウスは家族であり、居場所であり、拠点であるので

その自分の拠り所が

 

天王星の突然の変化と

火星のトラブル・アクシデントで

何かひっくり返っちゃうような出来事にさらされるかもしれません。

 

いずれにせよ、

この獅子座満月も厳しいです。

 

何をしたら自分を輝かせることができるのか

 

厳しい現実の痛みを経験するかもしれませんが

または

今まさに厳しい現実の真っ只中にいる人もいるかもしれませんが

 

金星と144度バイクインタイルだったドラゴンヘッドは

MCとタイトな120度トラインです。

 

 

(水色の直線)

ドラゴンヘッドはこれから向かう方向性

MCは社会を意味します。

 

120度トラインは幸運を意味します。

 

社会のこれから向かう方向には

幸運がある、ということになります。

 

目の前に見える状況は

苦しくうまくいかない事が多くあるかもしれませんが

 

 

向かっている方向には幸運がある。

 

多くの人が何らかの息苦しさや

重苦しさを感じていたり

 

現実的に壁にぶち当たって

歩みが止まっていたりしているかもしれませんが、

 

(私も。笑)

 

でも希望をもって、

自分を輝かせることに力を注ぎましょう。

 

何をしたら自分を輝かせることができるのか、

 

それは自分の本質にそったもの

(もって生まれた資質)

 

自分が楽しいと思えること

 

それが社会の役にたったり、

誰かの役にたったり、

自分の役割にそったもの

 

そんなものを今一度、

見つめ直してみましょう。

 

獅子座満月の星読みでした。

読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

-星よみ
-, , ,

© 2021 星のいま