星よみ

【水瓶座新月】恐れずに変わればいい

こんばんは。

今日は時間が過ぎてしまいましたが

水瓶座新月のお話です。

 

 

水瓶座新月

 

 

2021年2月12日4:06

太陽と月が水瓶座23.27度で重なり、

水瓶座新月でした。

 

水瓶座にズラリと並ぶ天体達。

この水瓶座新月では何を伝えているのでしょうか。

 

水瓶座という星座

牡羊座から始まる12星座。

水瓶座は11番目の星座です。

 

生まれたばかりのエネルギーの塊の牡羊座。

自分の肉体を意識し始めた牡牛座。

自分に近い兄弟のような存在に気付いた双子座。

家族という自分の居場所を得た蟹座。

家族の愛情に育まれながら、自分らしさを謳歌する獅子座。

 

自分らしさだけでは、自分の身内にしか通じない、

初めて他者からの批評を受けた乙女座。

 

他者からの厳しい目を知り、

他者に受け入れられるようにバランスのとれた

協調性と洗練された美を獲得した天秤座。

 

牡羊座から始まる12星座は

【個】から【集団】へと成長していきます。

 

獅子座までは、【個】の状態。

 

乙女座で初めて、他者の目にさらされ、

天秤座ではその他者を意識した対人関係が始まります。

 

対人関係が始まると、

そこには人間の【業】が出てきます。

 

蠍座では、性と生を考えます。

 

蠍座で愛することを知り、

死をもって愛する人と引き裂かれる苦しみを知り、

 

蠍座で「死ぬこと」に直面した後、

 

それでは「人間とは何だろう」という思想が生まれるのが射手座です。

 

射手座は思想・哲学の星座です。

 

自分の今いる位置よりも、もっと高いところへ視線を向けながら、

 

人間とは何か。

世界とは何か。

神とは何か。

 

個人から集団へと成長する中で

「世界」へ目を向け、

さらにもっと遠く未知なるものへの憧れを持つのが射手座です。

 

射手座の探求心、憧れを

現実に落とし込み、

現実的な努力を重ね、

 

1つの達成を迎えるのが山羊座です。

 

個から集団に向かって成長していく12星座。

 

社会や仕事、組織を意味する山羊座は

集団性の頂点に達します。

 

個人から集団へと成長し

山羊座で集団の頂点に達した後、

ここから先は集団性の崩壊が始まります。

 

11番目の水瓶座は、集団性から個人に戻ろうとしている段階です。

 

【風】の価値観を持ち、【不動】の持続性を持つ水瓶座。

 

山羊座が社会や責任を重視し、保守的なのに対し

水瓶座は個性や個人を重視し、革新的な星座です。

 

今までの伝統にとらわれず

こうあるべきという常識に縛られず

 

オリジナリティを尊重します。

 

集団性の崩壊、

集団から個人へ

 

オギャーと生まれた赤ちゃんの牡羊座から

肉体を意識して

兄弟を意識して

家族を得て、

自分らしさを楽しんで

でも他者からそれは違くない?と気付かされて

他者との対人関係のスキルを身につけ

他者に受け入れられる洗練された自分を得て

人を愛し、人を憎み、人を失い

人生を考え、世界を考え、もっと高みを目指したと願い

そうして、社会の中で自分の地位を確立し

肩書も称賛も手に入れた

 

でもそんな社会のがんじがらめのルールの中だけで

社会の模範通りに生きるのっておかしくない?

 

別の考えがあったって良くない?

自分は自分で良くない?

社会でみんなと一緒じゃなくっても良くない?

 

人は人、

自分は自分。

 

そんな段階が水瓶座で、

 

ちょうど去年2020年12月に

水瓶座で木星と土星が重なり(グレートコンジャンクション)

 

去年のコロナウイルスの出現により

社会のいろいろな当たり前が壊された現在

 

まさに社会はある意味、社会性の頂点に達した後の

いま、崩壊と個に戻ろうとしている途中の転換期なのかもしれません。

 

水瓶座に集中する天体達

そんな中むかえた水瓶座新月。

現在、水瓶座にはたくさんの天体が集中しています。

 

 

(水色の丸)

 

土星・木星・金星・水星・太陽・月

10天体中、6天体が水瓶座に入っています。

 

それだけ、水瓶座の意味する

個性・オリジナリティ・革新的なことが強調されているという事です。

 

さらにこの6天体中

土星を除く5天体は2ハウスに入っています。

2ハウスの意味も強調されているということです。

 

2ハウスが強調されている

2ハウス(水色で塗った場所)

木星・金星・水星・太陽・月が

2ハウスに入っています。

 

さらに今年ずっと重要な意味を持っている土星と天王星の90度スクエア

この水瓶座新月でも土星と天王星はタイトな90度です。

(ピンクの直線)

 

この刷新・改革を意味する天王星もまた、

2ハウスの支配星です。

 

(2ハウスのカスプ=境界線が水瓶座に接している

=天王星は2ハウスに関係している

 

ちなみに水瓶座の支配星は天王星と土星なので

土星も2ハウスに関係している)

 

2ハウスの意味は

所有するもの、お金、自分が稼ぐ能力

才能、自己価値です。

 

2ハウスに入っている5天体

木星・金星・水星・太陽・月と

 

2ハウスに関係している2天体

天王星と土星

 

それぞれの天体の意味と

2ハウスの意味が繋がってきます。

 

収入・自己価値・才能

 

豊かさ、拡大

幸せ、喜び

コミュニケーション、知識

人生、行動

日常、心

 

制限、抑圧、試練

刷新、改革

 

収入や自己価値、才能が

豊かにもなり、幸せにも繋がり

人生や日常、コミュニケーションに関係し

が一方で制限もされ

刷新もされる

 

とりわけ天王星(刷新・改革)から

90度の困難を意味する刺激を受けているので

 

痛みを伴う衝撃的な変化があり

それにより価値観がガラリと変わったり、

収入源がガラリと変わることもあるかもしれません。

 

でもそんな何か痛みを伴った刷新されるような衝撃が起きたとしても

2ハウスで木星と金星がタイトに重なっている事を見ると

 

痛みであったとしても

それは豊かさや幸せに繋がるものであるという事。

 

むしろ、幸せや豊かさをつかみ取りに行くために

痛みを伴ったとしても

自分の中で何かを変えていかねばならない時かもしれません。

 

とかく今年は変化はチャンス、小さな事でも変えていく意識を

今までだったら、

こんな事したら申し訳ない、

ここは変えるべきじゃない、

 

と思っていた事であっても、

 

むしろそう思っていた事であればなおの事、

今年は変えていくべき年かもしれません。

 

こんなこと、

そこは目をつむっておくべきこと、

 

そんな些細な事のようだけど

自分の中のトゲとなっているような引っ掛かりがあれば

 

変えていく努力をすべきです。

 

この水瓶座新月ではそれをズラリと天体達を並べることで

伝えています。

 

遠慮や

惰性や

これまで通りの常識や

うやむやにしている何かが

 

変化しようとする心を邪魔しますが

 

それでも、

今はここは変えた方がいいのかな、

と少しでも気付いたものであれば

見過ごさず、変えていくべきです。

 

それがこの先の人生にきっと大きく関わってくるだろうから。

 

水瓶座新月の星読みでした。

 

読んでいただいてありがとうございました!

 

 

-星よみ
-, , ,

© 2021 星のいま