星よみ

【天王星と土星のスクエア】2021年1回目

こんな夜中にこんばんは

寝ようと思ったら、急に思い出しました。

2021年2月18日

天王星と土星がぴったり90度スクエアになります。

 

ちょっとこの事だけサクッと書いていきます。

 

 

2021年1回目天王星と土星のスクエア

 

 

2021年はどんな年?とサクッと書いたブログで触れていますが

こちら⇩

2021年はざっくりどんな年?【土星と天王星のスクエア】

あけましておめでとうございます。   2021年が世界中の人にとって、 心穏やかな希望に満ちた1年になりますように。   2021年になりました。 今日はざっくり、2021年がどん ...

続きを見る

 

2021年の特徴は天王星と土星が90度の関係にあることです。

2021年のうち、3回ぴったり天王星と土星が

90度スクエアになるのですが

 

その1回目が2021年2月18日です。

 

ホロスコープは午前4時で出していますが

もう少し前からピッタリ90度になっています。

 

午前4時で出したのは、

この4時頃、天王星と土星の90度に加えて

MCと180度オポジションで

Tスクエアを形成し、

 

さらには天王星と月が0度コンジャンクションで重なっています。

 

 

土星は制限・抑圧・試練の天体

天王星は刷新・改革の天体

MCは社会

 

そして天王星と重なる月は大衆を表したり、

心を表したり、

日常生活を表したり、

あとは揺れ動く不安定な状態も表します。

 

天王星と土星が90度であるこの2021年は

天王星の刷新力と土星の抑圧・試練の力で

 

突然の出来事で変わらざるを得ないような痛みが

何度か押し寄せるであろう1年だと思うのですが

 

天王星は災害(地震など)を表す天体でもある為、

そういうところでの突然の出来事にも

留意した方がいいと思います。

 

(先日も大きな地震がありましたし)

 

MC(社会)がからむTスクエア(困難)を形成しているので

何か、社会に打撃を与えるような

そして、月と重なっているので

我々の日常や心にも何か、不安になるような

そんな出来事があるかもしれません。

 

もちろん、常に動いているホロスコープは

幾度となくTスクエアなどの困難な形を形成しているので

 

その都度、地震が起きたり、

何か大変なことが起こるわけではありません。

 

災害の事だけを示しているわけでもありません。

 

1つの意味合いとして

そういう形をこの時期形成するということであり

 

常に、いつ何が起こるかはわからないので

備えておくのは必要であることには変わりありません。

 

この時の天王星は4ハウスにいて、2ハウスに関係しています。

土星は1ハウスにいて、1ハウスと2ハウスに関係しています。

 

自分自身の地盤(国土という意味もある)

居場所、拠点、

価値観、収入、

自分自身、体

 

その辺りに関係する揺さぶりをかけられるような試練が

この時期、それぞれに起こりやすいです。

 

さっきも書いたようにMCとTスクエアになっているので

社会的に揺さぶりをかけられるのかもしれません。

 

いずれにせよ、

今年は3回ぴったり天王星と土星が90度スクエア(困難)になる年であり

ぴったりじゃなくても、ずっと困難な位置関係にいる年ですので

 

幾度となく、変化の波や試練が押し寄せてくる年であろうと思われます。

 

でも、それは不運ではなく、

それが必要であるから起こる波であるのだろうし

 

それを経て、刷新し

よりよい世界を作り上げていく為のものであるので

 

恐れず、

自分自身のやるべきことをやり

 

大切なものを大切にし

 

人にやさしく、

地球にやさしく

 

真面目に毎日を過ごしましょう。

 

また、もう変えていかなくてはいけないと

思い当たる事がある人にとっては

 

変わっていく覚悟をするチャンスでもあるのかもしれません。

 

いずれにせよ、

足元をよく見て、

日々、ベストを尽くして生きていきましょう。

 

ということで短いですが

2021年1回目の天王星と土星スクエアの星読みでした。

 

読んでいただきありがとうございました!

 

-星よみ
-, , ,

© 2021 星のいま