星よみ

【蟹座新月/金環日食】覚悟をしよう.今まで以上に強い心で.

こんにちは。

今日は蟹座新月のお話です。

今回の新月は日本でも観測できる部分日食です。

そのあたりも含めてお話します。

 

 

金環日食/部分日食

今回の新月は日本で観測できる部分日食です。

日食とは、太陽ー月ー地球がほぼ一直線に並んだ時、

地球から見て月が太陽の前を通り太陽の一部または全部を隠してしまう現象のことです。

 

日食には、太陽と月の中心がほぼ重なり太陽が全て隠される【皆既月食】と、

太陽と月の中心がほぼ重なるが、月が地球から遠く、月の見かけ上の大きさが小さいため、

太陽をすべて隠すことができなく、太陽の外縁がリング状に見える【金環日食】と、

月が太陽の一部だけを隠す【部分日食】の3つあります。

 

今回の日食は【金環日食】で、日本は中心で重なっているところから外側に位置しているので

部分日食となります。

 

部分日食が見られる時間は、6月21日16:00過ぎから18:00頃までです。

東京ですと、16:11に欠け始め、17:10に最大となり、18:03で終わりとなります。

次に日食が見られるのは10年後なので、

日食グラスがあれば、ぜひ見てみたいですね。

(肉眼やサングラスで見てはダメです。)

 

というか、このブログがその日食前までに書き終わっていればいいですが。笑

 

夏至を迎えた直後の蟹座新月

 

 

2020年6月21日15:41

蟹座0.35度で太陽と月が重なり新月となります。

 

同じ6月21日に蟹座0度に太陽が入り、夏至となった約9時間後の新月です。

夏至の星読みはこちら。

【2020年夏至図】夏至からの3ヶ月どうなる?気を付けるべきこと

こんにちは。 今日は夏至のホロスコープの星読みです。 夏至のホロスコープ=夏至図は四季図のうちのひとつです。   四季図というのは、春分、夏至、秋分、冬至の4つのホロスコープのことで 西洋占 ...

続きを見る

 

蟹座という星座

新月を迎える蟹座という星座はどういう星座なんでしょうか。

牡羊座から始まる12の星座。

蟹座は4番目の星座です。

12星座は個人から集団へと成長していきますが、

牡羊座・牡牛座はまだまだ個人でしかありません。

3番目の双子座で自分以外のごく近い存在を知り、知的好奇心がわいてくる段階。

4番目の蟹座で初めて小さな集団を作ります。

小さな集団、家族です。

 

蟹座は水の価値観を持ち、活動の積極性を持つ星座です。

そして蟹座の支配星は月です。

 

前の星座である双子座は今の時代を象徴するように、SNSやラインなど

すぐに繋がれる気軽さ、手軽さを象徴します。

でも、手軽なものは、ともすれば軽薄になってしまいます。

 

そんな前の星座の反省のもと、蟹座では「心」を大事にします。

蟹座の支配星は月で、月もまた「心」を意味する天体であり、

「家族」を意味する天体です。

 

蟹座は集団の始まりである「家族」を大事にします。

家族、同族、民族、自分の仲間を大事にします。

蟹座の「積極性」は家族や仲間を守るために働きます。

牡羊座の「自分の情熱」のための積極性とは異なります。

 

家族や仲間を守るために積極的になる蟹座は、

逆に言うと、自分の仲間以外には排他的です。

 

動物が自分の子供を守るために牙をむくように、

蟹座の同族意識は強く働くと「戦争」を生みます。

 

仲間意識の強さが、愛情と出るか、排他的と出るか、

蟹座にはそんな面があります。

 

8ハウスの太陽と月

蟹座で重なる太陽と月は、8ハウスにいます。

他に、太陽・月と重なるドラゴンヘッドと

水星も8ハウスに入っています。

 

 

太陽・月・ヘッド・水星と4つも入っている8ハウス。

 

8ハウスは「死」のハウスです。

死と再生でもあります。

 

8ハウスは、自分で自由に使えないもの、という意味もあります。

死もまた、自分ではどうすることもできない分野ですしね。

 

太陽は、自分の意志であり、行動であり、生き方であり、人生です。

月は、心であり、家族であり、日常生活です。

ヘッドは、これから向かう方向性。

水星は、コミュニケーションであり、商業であり、学業であり、移動です。

 

これらが「8ハウス」にいることの意味は何でしょうか。

 

8ハウスの天体と土星とテイルの関係

この8ハウスに集まる天体達とアスペクト(角度)をとっているのが

3ハウスにいる土星と、2ハウスにいるドラゴンテイルです。

 

 

太陽・月・ヘッドは、テイルと180度オポジション(緊張・対立)

太陽・月・ヘッドは、土星と150度クインカンクス(不調和な困難)

 

水星はテイルと165度クインデチレ(強い動機付け・病気)

水星は土星と165度クインデチレ(強い動機付け・病気)

 

ドラゴンテイルは過去の問題であり、

土星は抑圧・制限・試練。

 

太陽の行動も、月の心や日常も、ヘッドのこれからも、

過去の問題(テイル)と緊張状態にあり、抑圧や制限(土星)を受けるであろう。

 

水星の移動・商業・学業は、

過去の問題(テイル)によって病気という強い抑圧や制限を受けるであろう。

 

それは自分ではどう扱うこともできない生死に関係している。

 

と、そのまんまを読めば、そういう意味になってしまいます。

 

死と再生を乗り越え、昇り詰めた先に幸運はあるのか

身も蓋もない意味になってしまう8ハウスの太陽・月・ヘッドは

MCと60度セクスタイルです。

MCは仕事や社会、

社会生活の中で昇りつめていった結果が表われる場所です。

 

そのMCと60度、60度は理想の意味を持ちます。

また才能であり、可能性であり、成長でもあります。

 

テイルの過去の問題による死、

土星もまた終わりを意味するので、土星そのものにも死の意味があり、

その土星の抑圧を受けての死、

 

死は命そのものの死も表すだろうし、

それぞれの「事柄」の「終わり」としての「死」も表しているのだろうと思います。

 

太陽の社会での行動、月の日常、ヘッドのこれから、

そして水星の伝達や移動、商業や学業といった分野、

それらが、ひとつの「終わり」を迎え、再生へと向かう。

 

それは社会生活の頂点であるMCに対して可能性の意味を持っている。

(水星は60度ではなく、45度なので、

水星の分野はまだ再生に時間がかかると思われる。)

 

度、身を引き裂かれるほどの痛みを経験したのちの、

これから再生される社会。

 

夏至図にも春分から継続している抑圧を示していましたが、

蟹座新月は、より深くその厳しさを示しているのではないかな、

でもそれは「再生」への可能性を込めて。

 

同族意識の蟹座新月

もう一度、新月である蟹座の意味に焦点を当ててみます。

仲間意識、同族意識、民族意識の強い蟹座。

それは仲間や同族を思う深い愛情にもなれば、

それ以外のものに対する排他性も意味しています。

 

折しも今は世界で人種差別の問題がクローズアップされていますよね。

同族意識は争いを生みます。

 

今回の蟹座新月で、月は8ハウスにいますが、

9ハウスの支配星でもあります。

 

9ハウスは、精神的な成長を意味する場所です。

自分の立ち位置よりもずっと「遠方」を意味します。

それは外国であったり、宇宙であったり、神であったり。

 

自分と同じ国籍であるとか、同じ肌の色であるとか、

そういうごく近い同族ではなく、

もっとずっと遠いところにまで意識を向けていくのが9ハウスです。

 

だから、蟹座の月の意識は、遠く宇宙にまで及び

ごく身近な同族や家族だけではなく、

地球にいるものすべてを同族として意識しているのかもしれません。

 

今は、テイルや土星の圧力を受けて苦しいところにいますが、

自分だけ良ければいい、

自分の身の回りだけ良ければいい、ではなく

もっと「遠方」にまで思いを馳せられれば、

社会はよい方向へと向かうのかもしれません。

 

覚悟をしよう。今まで以上に強い心で。

夏至の直後であり、日食も伴う今回の蟹座新月。

8ハウスが強調され、厳しさを見せています。

 

この後、6/28火星牡羊座入り、同じく6/28天秤座上弦の月、

6/30木星冥王星合、7/5山羊座満月(半影月食)

7/13牡羊座下弦の月、7/21蟹座新月(2回目の蟹座新月)

・・・とざっと直近の星の動きを見ただけでも、

どのホロスコープも厳しいですよ。

激しいです・・。

 

身を引き裂かれるほどの痛みを経験した後

再生する社会。

と自分で書いておいて、恐ろしいな、と思ってしまいますが、

 

ここでチーンと撃沈してしまわないよう、

必ず再生していけるよう、

覚悟を決めた方がいいです。

 

しっかり自分の人生の手綱を握って、

自分の足で踏ん張って、

同族とは自分の身の回りだけではなく、

地球規模で、よい方向に向かうように、

 

でも出来ることは、自分達1人1人が嵐に放り出されないように

自分が自分の足で踏ん張っていくしかないのだと思います。

 

太陽は、社会の頂点を意味する10ハウスと

月は、今いる位置よりずっと遠方を志す9ハウスに関連しています。

 

死と再生の8ハウスにいながらも、

社会の頂点を目指し、今よりもずっと遠方を志しているのが

今回の蟹座新月の太陽と月だから、

 

きっと、荒波にもまれた後は今よりももっと強く、

もっと磨かれた未来を生きれるはずです。

 

覚悟をして、

今まで以上に強い心で、

自分の人生の舵をとりましょう。

 

蟹座新月の星読みでした~。

読んでいただきありがとうございました!

 

 

-星よみ
-, , , , ,

© 2020 星のいま