星よみ

【2021年】夏至図~6/21~の3ヶ月(オリンピックの事も出ている?)

おはようございます!

今日は夏至ですね。

星の鑑定にかかりきりで全くブログを書けてませんが、

夏至図のお話です。

 

2021年夏至図

 

2021年6月21日12:33

太陽が蟹座0度に入り、夏至となります。

 

西洋占星術では春分、夏至、秋分、冬至のホロスコープを読む事で

その年の運勢を占います。

 

春分図では春分からの1年を、

夏至図では夏至から秋分までの3ヶ月の運勢を占います。

 

という事でこの夏至図から分かる事を

みていきます!

 

ASC・ヘッド(水星)・土星のグランドトライン

 

 

春分図に続いてこの夏至図においても

風のサイン(星座)で幸運を意味するグランドトラインができています。

ASC・ヘッド(水星も)・土星のグランドトラインです。

(黄緑色の正三角形)

 

春分図ではASC・火星(ヘッド)・土星のグランドトラインでした。

実は秋分図でも風のサインでのグランドトラインがあります。

 

2021年は土星と天王星の90度が示す、

何かが覆る痛みを伴う変化がテーマである一方で、

 

風のサインでのグランドトラインが幾度となく出来ているので

幸運な恵まれた追い風もある1年だと言えます。

 

ただ春分図でも言ったように、

幸運というのは不運よりも逆に自覚しづらいものなので、

そのチャンスを生かせず、

ただの惰性で終わってしまう可能性もはらんでいます。

 

厳しい状況の中にも、チャンスは散りばめられているので、

風に乗るそのタイミングを逃さないようにしていきたいものです。

 

夏至図のグランドトラインも春分図の時と同じような場所で形成されています。

よってASCは春分図と同じく天秤座です。

 

春分の時期から引き続き、

【バランス】がとれているかどうかが課題になります。

 

土星も春分図と同じく4ハウスと5ハウスの分野で土星の意味が働きます。

(春分図は土星4L5L4H、夏至図は4L5L5H)

 

4ハウス:家族、家・両親・地域・土地・不動産、居場所、拠点、農業、気候、天候、災害など

5ハウス:恋愛、恋人、出産、子供、趣味、娯楽、自分らしさ、芸能、芸術、スポーツ、投資、起業など

 

4ハウス・5ハウスに関係することに制限がかかり、

抑圧を感じ、試練を与えられる一方、

 

4ハウス・5ハウスに関係することで

これまで時間をかけて努力をしてきたことに対して

結果がでたり、成果を得られるかもしれません。

 

これから向かう方向性を示すドラゴンヘッドは

9ハウスに入っています。

 

9ハウスは高度な学習、向上心、宗教、旅行、遠方、外国、出版、セミナー、長期的な展望など

 

外国に関係することや遠方に対して意識を向け、

今よりももっと上を目指して向上していく等、

これから先の未来に対して前向きな気持ちを持てそうです。

 

またこのヘッドには水星がゆるく重なっています。

水星は仕事、教育、旅行、交通、移転、通信、商業、マスコミ、コミュニケーションなどの意味があります。

 

この夏至図での水星は9ハウスと12ハウスに関係して、

9ハウスに入っています。(水星9L12L9H)

 

9ハウスは先程いったように、

高度な学習、向上心、宗教、旅行、遠方、外国、出版などの意味があります。

 

向上心をもって学習することや、

旅行、外国、出版、商業などの面においてよい兆しが見えるのかもしれません。

 

12ハウスは見えないものを意味する場所なので、

12ハウスが関係しているという事はもしかしたら、

幸運の兆しはあるもののパッと表にでてこないのかもしれません。

 

12ハウスは癒しや目に見えない神秘的なものの意味もあるので、

癒し系やスピリチュアル系は今も求められている分野ですが、

まだ発展する可能性がありそうです。

 

 

春分図に引き続き、

夏至図でも形成されている風のサインのグランドトライン

 

バランスがとれているか、

折に触れ見直してみることが大切です。

 

家庭や基盤、土台について、

また娯楽や楽しみ方、自己表現について

地道に努力を重ねてきたならばうまく結果を出せるし、

課題があるものであれば、見直しを促されるような試練があるでしょう。

 

芸能・芸術面やスポーツ面でも同様に

これまで地道な努力を重ねてきたのならば結果を出せるチャンスがあるでしょう。

 

またこれから先に対しての希望をもって向上していく前向きな気持ちと行動も大切です。

癒しや目に見えない世界はまだまだ求められ発展していく可能性もあります。

 

出版や教育、旅行、外国などに関係することについても、

よくなる可能性はもっています。

 

グランドトラインがうまく生かされるか、

ただの気付かれずに終わってしまう幸運となってしまうかは、

それぞれの意識や行動によると思います。

 

土星が絡んでいるので、ただのラッキーではなく、

真面目に取り組んできたこれまでの歩みがものをいいます。

(逆に不真面目であったものは試練となって現れます)

 

今まで頑張って実直に生きてきた人ほど、

春分図、夏至図、

そして次の秋分図でも形成されているグランドトラインの幸運を生かしていきましょう。

 

土星・テイル・MCのヨッド

さて、グランドトラインを形成している土星ですが、

土星はMCと150度クインカンクス、

テイルとMCも150度でヨッドを形成しています。

(中央にある紫の二等辺三角形)

 

ヨッドは宿命的困難を暗示する複合アスペクト、

宿命的というのは人生に1度あるかないかの困難という意味です。

 

MCは社会、土星は制限・抑圧・試練、

ドラゴンテイルは過去の問題です。

 

さらにテイルには争い・権利の主張・災いを意味するジュノーが重なっています。

なかなか厳しいヨッドです。

 

土星とMC(社会)との150度=不調和な困難

テイル・ジュノーとMCとの150度

 

このヨッドは春分図でもゆるく出来ていました。

 

よって春分図から1年を通しての困難を示しているものでもあるし、

特にその影響が色濃くでるのが夏至からの3ヶ月間というわけです。

 

仮にオリンピックが開催されたとしたら、

逆にオリンピックが開催されなくても、

社会に及ぼす影響は大きいのかもしれません。

 

ちなみに制限あるいは努力して達成の意味がある土星(夏至図では5H=5ハウスはスポーツ・イベント)と

スポーツ・アスリートを意味する火星は

この夏至図では対立・緊張の180度。

 

7月オリンピック開幕の頃は、土星と火星はタイトな165度(別離・分離)

 

そう見ると、オリンピック開催は難しいのかもしれないですし、

難しい中強行してのヨッド的困難が待ち受けているのか、

オリンピックを断念した事による損失でヨッド的困難が待ち受けているのか、

 

いずれにしても社会的に厳しい時期であることに違いはないと思います。

 

(ちなみにこの夏至図の星読みは、

今年3月に行った四季図鑑定の時に書いたものです)

 

冥王星とMC

冥王星とMCは165度クインデチレです。

(♇とMCの濃紺の直線)

 

春分図でも書いたように、

春分図に引き続き冥王星は2L4HでMCと165度。

 

2ハウスの金融・経済面、4ハウスの国の基盤は引き続き、

再生の為の破壊の時期で

ここでも社会の厳しさがうかがえます。

 

天王星とMC

天王星はMCと60度セクスタイルです。

(♅とMCの緑の直線)

 

刷新・改革を意味する天王星はMC(社会)とよい角度です。

この夏至図での天王星は5ハウスに関係して、8ハウスに入っています。

(天王星5L8H)

 

60度は才能・機会・可能性・成長を意味する角度であり、

問題解決を示してくれます。

 

変わっていくこと、変革していく事は

社会に対して問題解決の糸口となってくれそうです。

 

土星と天王星のスクエア

土星と天王星の90度スクエアは

この夏至図でもタイトに出来ていますが、

やはり2021年はどうであれ【変わること】が必要です。

 

社会も変わっていかなくてはいけないし、

個人個人変わっていかなくちゃいけない課題がそれぞれあるはずです。

 

土星は制限ですから、

【変わること】はそう簡単に変われるものではないと思います。

 

それでも、

この天王星が5ハウスと8ハウスに関係している事から、

変わることをある意味楽しんだ方がよいですし、

自分らしさを発揮する為の変革であるべきです。

(5ハウス=楽しむ・自分らしさ)

 

またそれは表面上の変革ではなく、

もっと根本からの、

深く根差したところからの変革であるべきです。

(8ハウス=深く追求する)

 

また8ハウスは自分ではどうしようもできない事も意味するので、

その変化は抗いようのない形で起こるかもしれません。

 

そして8ハウスは金融も意味しますので、経済的な変革もあるかもしれません。

 

いずれの変化もすべて、社会にとっては

(土星との90度があるのでその変化は試練的な痛みを伴うかもしれませんが)

よい兆しであるという事です。

 

月が絡む良い事と厳しいこと

月はASCと30度セミ・セクスタイルです。

(☽とASCの水色の直線)

 

30度は機会・可能性を意味する角度です。

 

月は、家族・家庭・母・妻・出産・結婚・変化・移転・旅行・不動産・一般大衆・民意・女性・人気・興味・水に関すること等の意味があります。

 

この夏至図での月は10ハウスに関係して1ハウスに入っています。

(月10L1H)

 

月と今を表すASCは30度のよい角度を作っていますが、

MCと月もまた120度トラインの幸運を意味する角度をとっています。

(☽とMCの水色の直線)

 

月に関係する事柄がこの時期、社会に対してよい影響を与えそうです。

 

月は10ハウスに関係していることから、月に関する仕事もよい影響を受けそうです。

 

女性が働く事、あるいは女性に関係する仕事、

家庭・家族に関する仕事、移転・不動産に関係する仕事、水回りの仕事などなど。

 

多くの人々が関心を寄せること、

人気のある事を仕事に結びつけることも

当たり前といえば当たり前ですが、

そういう人の心をいち早くキャッチして反映することも大事です。

 

月は1ハウスに入っているので1ハウス=身体、健康に関する仕事も注目を集めそうです。

 

ただし、今を表すASCや社会を意味するMCとよい位置にいる月ですが、

その一方で月・天王星・土星のTスクエアと

月・土星・火星のTスクエアも形成されています。

 

月10LH=10=社会、1=今この時、身体、健康で

よい影響をうける事もあれば、

 

土星と天王星の痛みを伴った変革、

土星と火星の痛みの伴ったアクシデント・事件・事故によって

日常生活や健康、心の状態など、苦しい思いをすることもありそうです。

 

土星には5ハウス=スポーツ・イベントと関係があり、

火星にはアスリートの意味があり、

7ハウスに関係している事から7ハウス=外国に関係があります。

 

その土星と火星が絡むTスクエア、

月は我々、国民という意味もあるので、

 

夏至図からの3ヶ月

6月21日から9月23日まで

 

どう影響を受けるのか・・

心配ですね。

 

以上、夏至図の星読みでした!

 

なかなか最近は星読みのブログを更新できないでいますが、

星の鑑定の7月募集のお知らせを

近々アップしたいと思います~

 

世の中の動きも大事ですが

まずは自分自身の事を知るのも大切

 

特に「自分のよさ」って

案外自分ではキャッチしにくいものだから

 

星の鑑定で自覚していない自分を知るといいです。

 

知って、はじめて、いかせる。

 

星の鑑定はこちらでチェック→星の鑑定【対面またはzoom60分】募集のお知らせ

7月の募集日程はしばしお待ちください~

では!

 

-星よみ
-, , , ,

© 2021 星のいま