星よみ

【2020年秋分図】あなたの基盤は大丈夫ですか?

こんばんは。

今日は秋分のホロスコープのお話です。

 

秋分のホロスコープのことを秋分図と言います。

秋分図は四季図のうちのひとつです。

 

四季図とは、春分、夏至、秋分、冬至の4つのホロスコープのことで、

西洋占星術では、この四季図を読むことで

この時期の運勢を占います。

 

四季図のうち、春分図はその年の1年間

(春分から次の年の春分までの1年間)の動きを、

 

夏至図、秋分図、冬至図は、

それぞれ3ヶ月ごとの動きを占います。

 

ということで、今日は秋分から冬至までの3ヶ月を表す【秋分図】を読んでいきます。

 

 

 

2020年秋分図の星読み

 

 

2020年9月22日22:31

太陽が天秤座0度に入った瞬間のホロスコープが

秋分図です。

 

2020年9月22日~2020年12月21日までの3ヶ月の出来事が

この秋分図に表れてきます。

 

今年の1年間の動きはまず、今年の春分図をみると出てきます。

春分図からわかること【春分の星よみ】2020年3月20日

こんにちは。 2020/3/20春分の星読みです。     春分図とは。 春分は毎年太陽が牡羊座に入る日のことをいいます。 今年2020年は3/20、12:50に牡羊座0度に太陽が ...

続きを見る

2020年はどういう年?【春分の星よみ】その2

こんにちは。 昨日は2020年3月20日12:50の春分のホロスコープの解説をしました。 ★こちら→【春分の星よみ】2020年3月20日   このサイトをスタートさせてすぐのブログにも関わら ...

続きを見る

 

この春分図がベースで、

それをさらに3ヶ月毎に細かく見ていくものが、

この秋分図です。

 

ちなみに秋分の前の夏至図の星読みはこちらです。

【2020年夏至図】夏至からの3ヶ月どうなる?気を付けるべきこと

こんにちは。 今日は夏至のホロスコープの星読みです。 夏至のホロスコープ=夏至図は四季図のうちのひとつです。   四季図というのは、春分、夏至、秋分、冬至の4つのホロスコープのことで 西洋占 ...

続きを見る

 

まずは直近のこの夏至図を振り返ってみます。

 

夏至図の示したことはどう反映されていたか

これは2020年6月21日の夏至図

 

夏至図が示した3ヶ月間

(6月21日~9月22日)

日本の状況はどんなものだったでしょうか。

 

コロナは第二波がきました。

しかし、4月の第一波のように緊急事態宣言は出されず

逆にGotoトラベルなど、経済と感染防止とを同時に進めていく政策がとられています。

 

経済は回復したとは言い難く、

この夏至図で示されていたように、

土星と冥王星からうける抑圧や試練は続いていましたし、

 

商業面(水星)もすべての業種でうまく持ち直したとは言えません。

(夏至図の水星は他の天体と厳しい角度をとっていました。)

 

夏至図では11ハウスが強調され、

また金星がよい位置にいました。

 

11ハウスは理想や希望の意味もあるハウスですが、

夏至図の期間、

春の時のような厳しさが気持ち緩んだようにも感じます。

 

希望を見出したとは言い難いかもしれませんが、

単に気持ちが緩んだだけかもしれませんが、

緊迫感や悲壮感は春よりは緩和していたように感じます。

 

個人的に感じるだけかもしれませんが、

この夏至図の期間にデビュー(プレデビュー)したガールズグループが話題になりました。

 

これは金星的な、11ハウス的な希望だったように思います。

 

このコロナ渦であっても夢にむかって努力していく姿は

多くの人が心打たれ、共感し、希望を見出したように感じます。

 

グループは11ハウスの意味するものですし、

金星は女性であり、芸能関係を示すものでもあります。

 

また才能の原石のキラキラ感も金星のようですしね。

 

金星や11ハウスが示した明るさや希望は、

たしかにこの期間あったように思います。

 

底力が試されるTスクエア

では秋分図では何を示しているのでしょうか。

まず目に入るのが、

火星と水星と土星・冥王星のTスクエアです。

 

 

火星と水星が180度オポジション

山羊座で重なる土星と冥王星が、火星と水星と90度スクエアで

Tスクエアという困難を意味する形を作っています。

(ピンクの三角)

 

火星はトラブルやアクシデントや暴力、争いなど

水星は商業やコミュニケーションなど人とのやり取り

土星は制限や抑圧、試練

冥王星は破壊と再生

 

それぞれの天体が入っているハウスや、

関係しているハウスの意味も加えると

 

火星は社会や政治、娯楽・スポーツ・芸能関係でのトラブルや争い

 

水星は、火星からの圧を受けていますが、

その水星は4ハウスにいて4ハウスに関係していますので、

まさにその基盤力が試されています。

 

この冬は、これまでの政府からの助成の効力が切れて

持ち堪えられなくなった企業や商業の倒産が多く出てくると言われていますが

 

まさに、4ハウスの基盤がないと

10ハウスにいる火星からの圧力には耐えられないということを意味しています。

 

またその火星と水星は、土星と冥王星からの試練を受けていますし。

 

土星・冥王星の試練、

10ハウスにいる火星からの圧力、

それを跳ねのけてバネにできる力があるかどうか、

 

それは付け焼刃的な力ではなく、

根底にもっている底力があるかどうかにかかってきます。

 

困難や試練に耐えうる基盤をもっていますか?

特にそれは商業面、他者とのコミュニケーション面で問われています。

 

6ハウスにいる月とテイル

6ハウスには、月とドラゴンテイルが入っているのが気になります。

(黄緑色の丸)

 

 

6ハウスは鍛錬や奉仕、義務を意味する場所ですが、

病気やストレスの意味もあります。

 

月は身体を表します。

テイルは過去の問題という意味を持っています。

 

夏の間、コロナの第二波はあったものの、

どちらかと言うと軽症者が多く、

コロナに対しての危機感が少し緩んでいるように感じます。

 

秋分図で6ハウスに月やテイルがいることから、

コロナの危機感が再熱するのではないかと危惧しています。

 

時期的にも秋冬はインフルエンザや

普通に風邪もひきやすい季節ですし、

 

身体を意味する月と病気を意味する6ハウス。

月はこれからを意味するヘッドとは165度のクインデチレで、

165度にも病気の意味があります。

 

秋冬のコロナ第三波が重症化しないことを願います。

 

金星・海王星・木星のヨッド

秋分図には、宿命的な困難を意味するヨッドがあります。

 

 

海王星と金星が150度クインカンクス

木星と金星が150度クインカンクス

海王星と木星が60度セクスタイル

 

150.150.60度の二等辺三角形でヨッドです。

(水色の二等辺三角形)

 

金星は夏至図ではよい位置にいましたが、

秋分図ではヨッドの頂点です。

 

金星は、経済的な安定や豊かさ、幸せを意味します。

2ハウスに入っていることから見ても、

金銭的な意味合い、または自己価値の豊かさを表していると思います。

 

金星と150度の海王星と木星。

150度は不調和な関係です。

 

うまく釣り合いのとれないもどかしい関係です。

もどかしさはストレスや病気を生みます。

 

海王星は惑う天体ですが、10ハウスにいて、10ハウスに関係しています。

MCの近くにいますし、

社会が混沌と迷いそうな気配がします。

 

夢みたいな儲け話には乗らない事も注意が必要です。

 

木星も豊かさを象徴する天体ですが、

金星と不調和な関係であることから、

お互いの豊かな意味合いを邪魔し合っているようです。

 

木星も6ハウスと10ハウスに関係していますので、

社会的な病みを拡げそうな気配を感じます。

 

5ハウスのジュノー

春分図で重要な意味をもっていたジュノー

(ピンクの丸)

 

春分図では4ハウス、

夏至図では3ハウス、

今回の秋分図では、ジュノーは5ハウスにいます。

 

5ハウスは今回重要な意味をもっていそうな天体が

多く関わっているハウスなんです。

 

5ハウスのカスプ(ハウスを分ける境界線)が

天秤座に接していることから、

天秤座の支配星である金星は5ハウスを支配する天体です。

 

また蠍座が5ハウスのカスプと6ハウスのカスプにすっぽり入っていることから

(インターセプト)

蠍座の支配星である火星と冥王星も、

5ハウスを支配する天体です。

 

(ここら辺は専門的な説明なのでふーん、でOKです)

 

火星、金星、冥王星、

そして5ハウスに入っているジュノー

 

これらが5ハウスに関係している天体です。

 

Tスクエアやヨッドに関わっていた天体達と、

災いや争いを意味するジュノー

 

5ハウスは自分らしさや、娯楽、楽しみを意味する場所です。

 

ジュノーはここのところ、火星と180度ですが、

この秋分図でもまだゆるやかに180度を保っています。

 

5ハウスの意味するものに、争いや災いがないかが心配です。

 

あなたの基盤は大丈夫ですか?

 

ここまでずっと悪いことしか言っていません。

これらに対しての解決の糸口はどこにあるのでしょう?

 

 

災いを意味するジュノーとよい角度をとっているのが何か見てみると、

 

太陽がジュノーとほぼピタリと30度、

ASCがジュノーと120度トラインです。

(オレンジの丸と線)

 

太陽は行動や生き方を意味し、

この太陽は4ハウスに入っています。

 

ASCは自分自身を意味する場所であり、

占う時に見るその時現在の状況でもあります。

 

このASCは蟹座に接しています。

 

4ハウスも蟹座も、ホームを意味します。

家であり、家族であり、居場所です。

 

基盤となるところです。

 

水星が絡むTスクエアでもお話しましたが、

基盤がしっかりとしているか、

根底となるものに底力があるかどうかが、

 

この秋分からの3ヶ月、特に大事になってきます。

 

あなたの生き方に揺らぎはないですか?

あなたの意志に揺らぎはないですか?

 

あなたの家族や家は、

あなたの居場所となり、パワーとなる場所ですか?

 

そこが問われてきます。

 

もしその問いかけに自信がなかったら、

それでダメだ・・ではなく、

 

この3ヶ月をかけて、

自分の基盤を揺らがないものに築いていきましょう。

 

自分の家族を、

自分の家を、揺らがない居場所となりうるものに築いていきましょう。

 

基盤・・自分自身の身体、肉体も含めてです。

 

この先、何が起こっても、起こらなくても、

 

基盤が大事じゃないって事はないでしょう。

 

「あなたの基盤は大丈夫ですか?」

 

この3ヶ月、盤石な土台を築くことに力を注ぎましょう。

 

秋分図の星読みでした。

読んでいただきありがとうございました!

-星よみ
-, , ,

© 2020 星のいま