ネイタルチャート

2020年春分図/夏至図とネイタルチャート①【占星術の未来予測とは?】

こんにちは

個人鑑定が一段落したのと、

自分の身の回りに色々なことが起きているので、

改めて自分のことを見てみたいと思います。

 

自分自身の今年の流れがどうなるのか、春分図から読んだものを

今時点でどう当たっていて、どう修正するのかと、

これからの夏至図から、この展開がどうなるのかを予測したものをシェアしたいと思います。

あわせて、占星術の未来予測っていったい何だろうってこともお話していきます。

 

 

2020年春分図とネイタルチャート

まず春分図とは、春分の日のホロスコープのことを言います。

今年の春分の日は2020年3月20日で

この3月20日12:50に太陽が牡羊座に入り、この瞬間のホロスコープが春分図です。

 

西洋占星術では、春分図からその年1年の運勢を占います。

(今年の春分から来年の春分までの1年間)

私が春分図から今年1年の日本の状況を読んだ星読みはこちらです。

 

春分図からわかること【春分の星よみ】2020年3月20日

こんにちは。 2020/3/20春分の星読みです。     春分図とは。 春分は毎年太陽が牡羊座に入る日のことをいいます。 今年2020年は3/20、12:50に牡羊座0度に太陽が ...

続きを見る

2020年はどういう年?【春分の星よみ】その2

こんにちは。 昨日は2020年3月20日12:50の春分のホロスコープの解説をしました。 ★こちら→【春分の星よみ】2020年3月20日   このサイトをスタートさせてすぐのブログにも関わら ...

続きを見る

 

この春分図と自分のネイタルチャートを照らし合わせてみることで、

今年1年の自分の運勢がどういうものなのかを見ることができます。

手書きですが、実際に私が今年3/1に自分のものを読んだものです。

これを簡単に解説しつつ、

その当時の自分の見立てと、現在がどうであるのかを照らし合わせてみたいと思います。

 

ASCと海王星と木星・冥王星・火星の合

まず今年1年重要な意味をもっているのは、

私のネイタルのアセンダント(ASC)とソーラーアークの海王星、トランジットの冥王星が重なっていることでしょう。

 

ネイタル・・生まれた時の天体の位置

ソーラーアーク・・未来予測で使う天体の位置

トランジット・・その時実際に動いている天体の位置)

 

トランジットの冥王星の他に土星や木星、火星が重なる時期もあります。

 

冥王星と土星が、私のアセンダントに重なった話はすでにこちらに書きました。

土星と冥王星コンジャンクションとネイタルASC合【私の場合】

こんにちは。 この長文でマニアックなサイトをどれだけの人が根気強く読んでくれているか、 イマイチ不安でならない私です。笑 わかりやすく書くといいながら、十分難しいですよね。 今日のもちょっと?難しいか ...

続きを見る

 

その重なりがソーラーアークの海王星とも重なっていることで

病気を示唆しているのではないか、と書いたのはこちらです。

土星と冥王星が与える影響。病気に注意という示唆【私の場合】

こんにちは。 これの前のブログでは2020年1月は土星と冥王星がコンジャンクション、重なるって話を書きました。 ★→土星と冥王星コンジャンクションとネイタルASC合【私の場合】   土星と冥 ...

続きを見る

 

↑今年の動きの事にも触れているので、読んでなかったらチラリと読んでみてください。

 

 

2020年3月20日春分の時、

私のネイタルのアセンダントに、ソーラーアークの海王星と

トランジットは冥王星・木星・火星が重なっています。

 

海王星の意味を考える①

上に添付したブログでも書いたように、

私にはもともと土星と海王星が180度オポジションというアスペクトを持っています。

土星と海王星は病気に縁があるアスペクトと言われています。

 

私自身、ものすごくこれまでに大病したことがあるかというと、

そうではなく、

小学生の時に入院をしたことはありますが、

命に係わる病気でもありませんし、

まぁ、普通に?体は弱い方でよく風邪をひくし、

扁桃腺が弱く、よく扁桃腺、その奥の咽頭までも腫らし

声が出ない、高熱が出る、など

これまでに結構困ったこともあるにはあります。

 

でも、そうとは言っても、

そんなに病弱というほど病弱ではないし・・

 

逆にこれから大病でもするのか、

それともこの土星・海王星の180度は別の意味を持っているのか

私の占星術の先生に質問をしたことがあります。

 

私はいろいろ夢見がちなところがあって、

(海王星=夢の意味もある)

でも実際にはなかなか現実には叶わないことが多いし、

それに対してすごく努力もしている。

(現実、努力=土星)

具体的に言えばバレエであったり、

ずっと若い頃は役者を夢見ていた時代もあった。

(海王星=芸術)

だから、この土星と海王星の180度は、

そんな夢と現実の葛藤であったり、うまくいかないことであったり

ものすごく努力をしていく人生(でも実を結ばない)という意味としてとらえているのですが

(病気というよりも)その解釈はどうですか?

 

と、質問をしました。

それに対して先生は、

「もちろん、そういう意味も持っている可能性もあるけれども、

でも土星と海王星は病気、これもこのチャートの持っている意味であることは事実」

という回答でした。

 

そんなわけで、海王星そのものにも病気の意味がある上に、

私自身のチャートで、海王星は「病気」の可能性を示す役割を持っているので

その海王星(ソーラーアーク)とネイタルのアセンダントが重なっている時期は

1つには「病気に注意」は絶対であるということ。

 

ASCは身体も意味しますし、

この時トランジットの木星・冥王星・火星が重なっていることを考えると

木星は一般的には幸運の星と言われているけれど、

拡大の意味があるので、良いも悪いも拡大してしまうということ。

例えば、何か腫瘍を持っていたらそれも拡大して、病気として発覚することも

可能性としてはある。

 

さらに冥王星は破壊の天体なので、身体を破壊する=病気という可能性もあるし、

火星もトラブル・攻撃の天体なので、身体を攻撃すれば=病気という可能性もある。

 

というわけで、

春分図からみるネイタルのアセンダントとソーラーアークの海王星と

トランジットの冥王星・木星・火星の重なり(合・コンジャンクション)は

1つには、病気の発症、発覚、あるいはこの1年病気を繰り返すなど

なんらかの病気に関係する年になる可能性がある。

ということ。

 

①の海王星=病気の読みに対する、現状はどうか?

まず現実として、去年の11月位から、

体調が悪い時が続いたこと。

現実的に仕事(ヨガのクラス)を5日~1週間、休まなきゃいけない程の不調が

何度もあったこと。

これらは明らかに現実として明確な事実で、

今までにない体調面の低下は感じました。

 

面白いのは、まあ、後付けで何とでも言えることですが、

上の土星・冥王星の合と私のネイタルの影響で書いた今年1月13日のこと。

 

この1/13は土星・冥王星がタイトに重なった日ですが、

私はこの日、本当は東京に受けに行きたいセミナーがあったんです。

でも、この日は何かが起こるんじゃないか、と恐れていて

東京に行くのは止そう、と思っていました。

 

と同時に、この1/13札幌の実家で法事がありそっちに行かなくてはいけなくなりました。

強制的に1/13に札幌に行く予定が入ったってことは、

やっぱり東京に行くのは危険だという事なのかもしれない、

とひっそり思っていた私ですが、なんと、

 

この1/13前夜から高熱を出して、急遽札幌行きもキャンセルになってしまったのでした。

まったく前触れもない体調不良で突然の高熱で、

強制的に行けなくなってしまったのだけれど、

後から思うことは、

 

もしこの日に札幌に行っていたら、

私は千歳空港で何かをもらってきたのかもしれない。

 

この時期にすでに北海道にコロナウイルスが入っていたかどうかは不明ですが

きっと私は、ウイルスをいち早くもらう体質を持ち合わせているのではないかな、と

考えているので、

本能的に回避したのかもしれない・・

なーんて、後付けの解釈ですが、そんなことも思っていたりします。

 

実際に、今現在でも体調低下は常に感じているので

仕事(ヨガのクラス数)を減らしたり、

睡眠時間をちゃんととるように気を付けています。

 

海王星の意味を考える②

海王星には病気や芸術、夢以外にも意味があります。

天体には(ハウスも)いろんな意味が数多くあるのです。

 

深い悩み、混乱、不幸というのも、海王星が持つ意味です。

ハウスの意味も加えて、私の海王星が持つ意味を考えてみます。

 

私の海王星は2ハウスと10ハウスに関係しています。

2ハウスはお金のハウスです。

自分の収入源、自分が稼ぐお金を意味します。

(他に自己価値という意味もある)

 

10ハウスは仕事です。

 

つまり収入源(2ハウス)と仕事(10ハウス)に関する深い悩み(海王星)が

私の身の上で起こる(アセンダントと合)ということです。

その上に、冥王星の破壊と、木星の拡大と、火星のトラブルや攻撃が重なっているもんだから

相当なもんです。

 

収入源が変わるのかもしれない、

というのは、この他にもある複合アスペクトをみて

予想を立ててました。

それは今年、この「星のいま」を立ち上げる予定でいたので

ヨガの他に、星も収入の柱になればいいなぁ、という希望もあって

収入源の変化、仕事の変化という意味もあり得る

と考えていました。

どちらかというと、ガラリと変わるというよりも、

追加される的な意味だったのだけど

(希望も込められていたのだね、きっと)

 

冥王星が重なっているのだから、そんな生ぬるい問題ではありませんでした。

これは、見立てが甘かったところです。

 

海王星とアセンダントで病気、の方に重きを置いていましたが

(それも忘れちゃいけないけれど)

 

海王星は、深い深い悩み事を意味している部分が大きかったのかぁ・・・・・・

というのが、今現在の心境です。

 

冥王星は徹底的に破壊してくる天体ですから、

徹底的に、私自身(ASC)を破壊してきてますね。

ガラリと生まれ変わるしかないのかもしれない。

 

海王星・土星・水星のTスクエア

春分図とネイタルチャートが作る複合アスペクトも見ていきます。

 

もともと私のネイタルチャートにある海王星と土星の180度オポジション

これにトランジットの水星が90度スクエアの位置にいて、

Tスクエアになっています。

 

 

水星は短距離の移動や通信、コミュニケーションの意味をもつ天体です。

他にも仕事や短距離の移動という意味から「移転」とい意味も持ちます。

また私の水星には11ハウスと関係があるので、

横のつながり、コミュニティーの意味があります。

 

海王星は先程と同じ、収入や仕事の深い悩み

 

土星は制限、抑制、試練、現実化、別離、不動産の意味もあります。

土星に私のハウスの意味も加えると、

私自身(1ハウス)

収入(2ハウス)

基盤・居場所・不動産(4ハウス)の意味があります。

 

3/1に自分の春分図との三重円をみて、

上記にあげたような天体やハウスの意味をピックアップして、

仕事上のこと、収入に関わることに何か制限がかかるのだろう、

という読み方でいました。

 

これ以外にもやたら「移転」や「不動産」というワードが関係していたのですが

私としては、自分自身の家のことを考えていました。

私はずっと今の家から引っ越したいと思っているんですね。

なので、そっちかなぁ、と。

 

自分の事となると、特に「希望」や「願望」が入ってしまうのでダメですね。

 

「移転」「不動産」に関係していたのは

自分の家じゃなく、仕事の方でした。

 

海王星=10ハウス(仕事)2ハウス(収入)の悩みなんだから

仕事じゃんねー、て感じですが。

水星も仕事で、短距離の移動って意味じゃんねー。

 

トランジット冥王星アセンダント通過の影響【山羊座24度にASCの私】

こんばんは 今日は行こうと思っていたバレエのレッスンを返上してブログを書きます。 ずっと書きたかった内容だったのですが、 なかなか着手できず。 今抱えている個人鑑定も大詰めでてんやわんやですが、 今日 ...

続きを見る

ここに書いた今直面している冥王星の破壊、

私の仕事であるヨガ、

その私の拠点であるヨガスタジオが、今立ち退かないといけない状況にあります。

これについては、アレコレ書きませんが

単純に誰が悪いとか、どうのじゃなく、

いろんな状況が重なったことによるものです。

 

事情はなんであれ、

まぁ、私の基盤であり居場所であるスタジオを退かないといけないということは、

私の収入源(2ハウス)にも、仕事にも(10ハウス)にも大打撃だし、

私が作り上げてきたコミュニティー(11ハウス)にも大打撃です。

 

でも仕事に関して、収入に関して、そして私のコミュニティーに対して

移動の可能性、悩みや試練や抑圧や低下は、

今年の流れ上、起こりうることであったという事です。

 

 

占星術の未来予測とは何か?

ちょっと長くなってきたので、

いくつかに分けて書きますね。

 

2020年春分図とネイタルチャートについては

あともう1つのTスクエアと、

あと逆に幸運を意味するグランドトラインの事も書きたいんです。

 

そして、この先の6/21夏至図とネイタルチャートの分析も書きたいです。

 

それらは次に書くとして、ここで中締めとして。

 

占星術の未来予測とはいったい何なのかということ。

 

今年のコロナウイルスの出現を

誰も予測する占い師はいなかったじゃないか。

しょせん占いはインチキだ。

 

という見解を、あるニュース?で見ました。

 

今年1月に土星と冥王星が重なることによる影響は

どの占星術師の方も指摘していました。

 

土星と冥王星が角度を作る時に(アスペクト)

何かが起こっていたことは歴史的にも事実としてあるので

 

今年1月の土星と冥王星の0度コンジャンクションは

世界的規模の影響を与える何かがあるだろう、

ということは予測されていました。

 

冥王星の持つ意味に、

大量死であるとか、大規模破壊、致命的なウイルスという意味があるので

たくさんの人が亡くなることや、

ウイルスの出現というところまで予測していた方も

世界にはいるのかもしれません。

 

西洋占星術の未来予測は、

時期を予測することは得意です。

この時期に何かがあるだろう、

あるいはこういう事柄に関係することで、何かがあるだろう。

 

それが「具体的に」なんであるのかは、

その時の現実とすり合わせてみないと

ハッキリわからないことがあるのも、また事実です。

 

だから、こうして予測を立てたものと

現実に今起こっていることをすり合わせ、

さらにその先の未来に対してどう動くといいかを考える

ひとつの目安にしています。

 

いつもいつも、星をみて決めればいい、

ということではなく、

何か困った時、

ふと立ち止まらざるを得ない時、

ひとつの指針となるものがあるといいんじゃないかな、と

考えています。

 

まー、何と言っても、

知っても知らなくても、星通りのことが起こるから。笑

 

それでも、ちょっと知っとくと

それを「不幸だ」「不運だ」と嘆かず、

いろいろ考えることができるかな、と、

 

そう思います。

 

とりあえず、1回〆て、

②に続きます。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました!

 

 

-ネイタルチャート
-, , , , , , ,

© 2020 星のいま